英文レジュメ・英文履歴書

英文レジュメ(英文履歴書)の書き方|フォーマットの選択(重要)

投稿日:

英文レジュメ(英文履歴書)の書き方

アメリカでは、履歴書のことをレジュメ(resume)といいます。

就職には優れたレジュメ、面接に選ばれるレジュメが必要です。

就職活動の中で一番重要なツールといっても間違いではありません。

レジュメ作成には準備が必要です。自分の技能、過去の経験、応募先の会社に関する調査・分析をし、企業・ポジションにあったレジュメを作成します。

レジュメのフォーマットもいくつかあります。

クロノロジカルフォーマット(Chronological Format)

クロノロジカルフォーマットのレジュメは、1つの会社に長期間勤める、又は同じ業界や職種での昇進が見れることを前提にしたフォーマットです。学歴・職歴を新しい順に書いていきます。必ず肩書き、会社名、勤務地、入社年度、勤務期間をヘディング(見出し)にして書いていきます。

こんな方に向いています。

  • 過去の職歴が現在の希望職種と一致、関連している
  • 一貫してキャリアアップしている
  • 転職が少ない
  • 無職の期間がない

ファンクショナルフォーマット(Functional Format)

このファンクショナルフォーマットは、営業力、コミュニケーションスキル等分野別に自分の経験・技能・業績を分けて記載します。フォーカスはスキルで、職歴は最後に簡単に記載します。特徴としては、長所を強調、応募する職に必要とされる技能にあわせて自分のスキルを強調し、勤務期間を強調しないですみます。

こんな方に向いています。

  • 転職回数の多い方
  • キャリア転向をご希望の方
  • 職歴の少ない方
  • 職歴にブランクのある方

コンビネーションフォーマット(Combination Format)

このフォーマットはクロノロジカルフォーマットとファンクショナルフォーマット両方の特徴を持ったレジュメです。自分のセールスポイント(スキル・業績)を希望職種(Objective)のすぐ後に記載します。自分をアピールできるようなスタイルのレジュメです。職務よりも業績にフォーカスした、型にはまりすぎていないフォーマットです。柔軟性があるので、割と自由に自分にあったフォーマットで作成できます。

まずはどのフォーマットで作成するか決め、作成準備にとりかかりましょう。

英文履歴書のレビュー・添削・作成のご相談もお受けしていますので、自信のない方、ご質問のある方はお気軽にお問い合わせ下さい。


 

ランキングに参加しています。
応援お願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

-英文レジュメ・英文履歴書

Copyright© ニューヨーク生活情報ブログ-live NY life , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.